みゅーみくす

みゅーみくす

最近の自炊状況をまとめる

2017年やりたいことリスト50に「28. 料理の幅を広げる」と書いた通り今年のやりたいことです。
再確認の意味も込めて、現状をまとめようと思います。

余談:こんな記事も昔書いた→「自炊について~自炊を始めるなら~」
ここにある通り、社員寮で自炊環境には恵まれていて、かつ調理器具、調味料も一通り揃えている。

■今
・週1くらいのペースで、弁当用に1品もののおかずを作成。付け合わせにハッシュドポテトやミニロールキャベツ突っ込むようになった。
・昼食は弁当 米、レタス、おかず(上記付け合わせあり)
・夜は卵かけごはんor納豆ごはんorパスタ
・土日はインスタント麺+目玉焼きor卵かけごはん
・買い物は月1くらいで肉のハナマサで肉を中心に1万円くらいまとめ買いし冷凍、残りは近所のスーパーで野菜とか買い足す感じ。

■社会人1年目のころ
・3日に1回くらい自炊 余ったものを弁当、晩飯用にタッパーへ冷凍
・弁当 米、レタス、1品ものおかず
・夜は自炊したおかずを解凍して食ってた。
・土日は今と変わらず
・買い物は頻繁に肉のハナマサへ行ってた。

■なぜこう雑になってきたか?
・食べ過ぎて太った 酒飲んでたからかもしれんが...
・定時帰宅の減少
・食費を抑えるため
・一通りレシピを作ってしまい、開拓する気力もなければ、ありきたりなものを作るのもなんだかなぁ...的な
・肉のハナマサはいつも同じものが並んでいるため、買い物に飽きた。買い出しのわくわく感がない。「あっこれ安い、今夜のレシピはこれだ!」的な?


■今年の目標
・付け合わせを豪華にする。米、主菜、サラダ→副菜をプラスし豪華にする。
・料理の幅を広げる。使ったことが少ない食材を使うのが手っ取り早いのかなぁ...
・お菓子作りをする。甘いは正義!!!
・太らない


そんなこんなで最近(3月)買った料理本たちを出しとく  あと最近尼の欲しいものリスト更新しました。→こちら




今年は上司も変わって定時帰り増えそうだし、寮にいる今のうちが料理の幅広げるチャンスなんだろうなーと。
職が変わって平日忙しくても休日まとめ作りとかできる腕まで持っていけたらいいなー
スポンサーサイト
  1. 2017/05/21(日) 23:27:39|
  2. 分析とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年の振り返り

kosen10s Advent Calendar 2016 6日担当のみゅーみくすです。高専在学中にギークハウス運営した後、今は就職して社内SEやってます。 クリスマスまで残り20日ですね

コメントに入れた「前回の違反から1年経つ日()」ってのはこれから書く内容と全く関係ないです。一応無事故無違反で1年が経ちました。 内容はなんでもいいってことで、今年1年の振り返りをしつつ10sとの関わりを書いていく。(かする程度になってしまった)

今年やったこと概略

自分のスキルと向き合う1年

社内SE、色んな案件があるためどんなスキルが身についてるか分かりにくく、不安が積もる。近くには思考停止からのただ流れていく日々がある。

とある方に相談した際に頂いた「半年、1年後も状態が同じなら辞めた方がいい」という言葉を軸に次のステップアップ(社内・外)について考え、もがいた。

この1年、霧の中に飛び込んでもがいていた状態から、自分の立ち位置は見えてきたと思う。薄っすらと進みたい道が見えてきたような...

やったことや、見えてきたことをこの記事で書いていく

もがき

なぜ製造業に就職したんだっけ?

ふとこんな疑問が出てきたんだけど、就活時を思い出すと答えは出てくる。これはギークハウス南千住を運営して見えてきた答えだったりもする

「技術を用いて人を幸せにしたい」

自分の夢、目標は何ですか?って聞かれたときに答える大分類的な答え。Wantedlyのプロフィール書くときに明文化された。

「あなたの夢は何ですか?」という質問を一年続けて気づいたことこの記事の筆者に聞かれたときも上記を答えた気がする。俺がもがくのって「夢を追い続ける」ことを辞めたくない現れだと思う

行動方針としては「今を楽しく生きる」というのがある。

ここから噛み砕いて中分類的な目標やここ数年の目標とかが作れない。見えてこない。それを解決するためにスキルを認識する、色んなコミュニティを持つというのが挙がる気がする。

業務等を通じて

職場の先輩にこんなアドバイスを頂いた。「うちの業務はルーティンじゃないから決まったスキルはない、問題に対して今あるスキルでどのように解決できるかが求められる。正解とかはない。」

スキルスキルと力んでた肩の力が抜けたようなきがする。その反面いい感じにごまかされたような気もしなくもない。


この先

製造業×Iotが熱い!

ここ最近展示会やセミナーに参加したり雑誌を見て思うのは、GE社を筆頭に製造業のIotによる効率化が熱い。

最先端を行く企業からどこをかいつまんで取り入れれば、弊社の規模でROIを出せるかここが重要である。

手段が先行して失敗するケースは良くある。課題を達成するための手段としてIotを取り入れる道を模索していきたい。

そういった意味ではシステムの提供側ではなく、技術部門に近付き課題解決を提案していく必要がある。 (費用対効果とか会計の基礎知識が生きてくるのではないかと感じる)

課題


おわりに

もう一回りくらい書きたかったのだが時間切れと。

今年は自己分析のアウトプットばかりだった気がする。雑なエントリをもう少し投下したかったような・・・?

  1. 2016/12/06(火) 23:53:45|
  2. 分析とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

kosen10sLT#3に参加してきた #kosen10s

kosen10sLT#3に参加してきた #kosen10s

1/30のkosen10sLT #03 - 高専'10年入学生のLT会

最大の収穫

飲み会の席にて俺とすりごまが仕事の暗い話をしつつ最近輝けてないわ的な話をしている中、就活の話していたカレーメシとうえぴーにすごいわ的なことを言ったら、「十分すごいよ」って返されたことに対し、社交辞令としか思えず、そんな自分に嫌気とか悔しさとかを感じてどうにかしなきゃなと思った。

すりごまとは暗い話ばかりしてしまって申し訳なかった。goyaとかと話せばよかったかなと思いつつも、自分の中ではそのやり取りで活路を見出した。


プログラミングに本気になれなかった自分

これは毎度の話。こういうとこに集まる人ってプログラミングに目覚めててIT、Web、ベンチャー的なとこ行くぞーって人が多い。俺は目覚めなかったので見てるとすごいなーと感じる。

カレーメシとうえぴーは目覚めたきっかけは「進学決めた後同年代とかの人を見て危機感を感じて」らしいので、俺も進学選んでればそうだったのか?(違)とか思いつつ、自分の中では自発的に目覚めた人ばかりだと思っていたため親近感が湧いた。

なぁなぁと高専生活送ってきた人に比べると、一応ギークハウス南千住とか珍しいことやってきたわけで、今もギークハウスつくばで養蜂をやろうという活動をやってたりする。現役も今も何もやってないわけじゃないのだが...

自分の悪い癖かも知れないが、プログラミングに本気になれた人と自分(なれなかった)と考えると完全に劣っているという結論が出てしまう。....もっとやってきたことに自身を持って盛る勢いで高らかと話せしたほうがいいのかもしれない。


仕事に繋げようと無理しすぎた

就職して、この前まで基幹システム開発でSmalltalkというマイナーな言語を使い、1月からは異動してインフラエンジニアとしてWindowsServerを中心に仕事をするようになった。

こういう勉強会に参加する1つの目的として、仕事に繋がる知識を経て仕事に役立てたいって考えていたのだが、勉強会によってはあるのではないかとか思っていたのだが、かなり難しいという結論に達した。

すりごまと10sはやっぱり情報系が多いから回路系やってる身としては孤独感を感じてしまう。という状況と同じなのである。

学生時代は何もかも聞いて面白そうなら自分で色々やってみようかなーって視点で聞いていたのが、就職後仕事につながらないなら面白いってとこで自分でストップをかけてしまう。そんなことをせず仕事に繋げるとか考えず、面白ければ趣味の領域でやる。それだけで良かったのだ。(肩の力がすっと抜けた気がした)


発表をするということ

ここ最近の俺は、スライドすら作っていない。要は手を抜いている。作るモチベーションが湧かない。

原因はこんな感じだと思う。

ふと思い出したのはLTしてこそ興味を持ってくれた人と仲良くなれるということ。

今回の10sは前回に比べて技術でもないが濃いような自己紹介やLTも多く、10sはノージャンルというか余りそういうこと意識しなくていいんだなって思った。そう思うとふいにギークハウスつくばで養蜂やろうって活動は色んな人巻き込みたいと思ってたし、LTしなかったことを少し後悔。

自己紹介に関しても、しっかりとスライド作って主張すべきだった。準備も全然だったしスクロールでやりにくいし見難いしで急ぎ足だったしで内容全然伝わってなかったはず。(女子ネタくらいしか

根底には「仕事に生かせる内容を仕入れたい」って言う思いから、仕事絡みで技術的なこともしくは運用管理的なこと話したいけどまだ話すまで至らない...てか仕事の話してもリアクションしてくれる人いないでしょみたいな思いがあったと思う(逆求人の高専キャリアのとき実際結構手の込んだスライド作ったけど割と反響薄かった...)

それが最後のスライド作成かと思ってブログ見返したら、自分の高専の学校紹介のために作成したスライドがあった。ちなみにこれはキャンセルになったので発表は行っていない

そういう意味でスライド作成のモチベーションが下がってきたのとともに、10sの自己紹介って劣等感から推せる内容も無いし、自己紹介という枠組みのせいか主張欲も薄くなり別に作らなくていいっしょっていう参加者で言うと受け身な体制に変化してしまった。

なんだかんだ言ってネタは見えてないだけであったし、発表欲も回復したので、今度はちゃんと発表したいなと思っている。


仕事について

ギークハウス南千住運営したという偉業を成し遂げたくせに、まもりの姿勢で学校推薦を使い先生の勧めで知った今の仕事の道選んだわけだが仕事に関しては後悔はない。

どっかで書いたけどギークハウス南千住で自分がやりたかったことできたわけではない。技術力は無いし、行ってきた企画運営マネジメント系も力不足で自信がない。会社も知らない。なので基礎的な仕事進める力身に付けるには、IT、Web、ベンチャー系に行くのではなく、体制が整っている場所でゆっくりと腰を据えて行おうと思ったからである。(それを逃げ腰って言っちゃおしまいだけど)

そういう観点で良い職場で、言葉が曖昧で弱いとや計画、目標達成に向けてやること、人と仕事進めるということなどを身につけていると思う。ちなみに終身雇用は無いと思ってるし転職は頭の片隅で考えてる。他社で使えるか使えないかとうい視点を忘れないようにしてる。

自分がお金に直結することはモチベーションが保てる癖があるため、何かしらやるにも仕事に繋げられればいいなという観点から、簿記3級の勉強したり、そういう目的で勉強会参加してたけど、仕事を意識せず学生の時のように興味があればやってみるって言うのが大切だと感じた。簿記はお金に執着してる自分と仕事でも少し生かせる(奨励金でるしw)ってことで悪くない選択だとは思う。社会人になっても何かしら勉強する癖をつけるのも大切だし


自分の軸

毎度プログラミングには目覚めなかったし、ものづくりも好きだと思ってる割には自発的にやってないって自分はどうすればいいんだろうって思う時があるんだけど大本の軸はブレてないし改めてありたい姿について整理しておこうと思う。

ありたい姿
現状
目標
課題

長くなりましたがこんな感じで。仕事に活かそうって思いを捨てたら肩の力がすっと抜けた。アフター5ぐだぐだになってたのもこれで少しは良くなりそう。休日はスキー行きたさで溢れてるw

  1. 2016/02/01(月) 20:59:27|
  2. 分析とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高専へ入学を考える中学生へ

前から書きたいと思っていたのですが、ようやく書きました。
本当は学校説明会で使うはずだったのですが、なくなったのでシンプルなスライドとともに。
こんなの発表許可下りない気がするけど...

とりあえず作ったスライド見て下さい。情報通信の説明なので内容が傾いているのはご了承を

産技高専情報通信工学コース説明 from Yuuta Moriyama



私が中学の時高専入学を考えていた時を思い出しながら、このスライドを作りました。
高専に行きたい中学生へこのサイトとかほかのサイト見ながら本当に良いのだろうかって悩んでいました。
高専から就職した立場の人間が書いているということを頭に置き参考程度にして下さい。


順を追って補足説明します。
1-2ページ 概要
ちなみに産技高専は都立で国立の高専と比べると偏差値は低いです。全国の高専の中でも駅チカトップ10には入るでしょう。結構都会にあります。都立ながら都外生の入試ができる。尚隣接する埼玉と神奈川には高専がない。
中学の時の成績は上の下か中の上あたり、入試時の素内申は32だった気がする...都内から推薦入試で入ったパターンです(後から苦労する)

6ページ 休み時間の過ごし方
高専はオタクが多いです。それを喜ぶか嫌なのか。

7ページ 教科からみる適正
技術より数学や理科が好きな場合は高専には向いていないかもしれません。
数学が好きなら数学者、理科なら科学者 都立科学技術高校は一度見学したところ理科好きが行くところだと個人的には思います。
技術が好きなら技術者(エンジニア)です。極端ですが。

8-9ページ 情報通信について..
適当ですみません。とりあえず情報通信分野は色々とつぶしが利きます。

10-11ページ 高校→大学 高専→就職or大学編入
特にここは高専→就職ルートを歩んだ私の価値観が大きく反映されてるかもしれません。注意して下さい。

・学費をあまりかけられないのであれば国公立の高専は良いと思います。学費もそうですが自分の学力とも相談したいところです。
公立高校入り国立大学目指せるのであれば高校でも良いでしょう。国立大学の難易度は調べて下さい。(工学系の国立大学は中学で言う上の上レベルなイメージ)
私立の工学系は学費的に厳しいかもというのであれば高専は安上がりで済みます。一言で言えば高専はコスパが良い。

■同レベルの大学へ行く場合、高校→大学と高専→大学編入だと、どちらが良いのか? 
そんなの知らんって言いたいところですが、大体同じ何じゃねっていう...
普通校から工学系国立も学年トップレベルな気がするし、高専から工学系国立も学年トップレベルが行きます。
勉強の環境として良い(勉強が捗る)のは高校です。技術好きが多く楽しく過ごせるのが高専です。高専において文系科目はすごい適当なので、大学編入後苦労したりするらしいです。
私は、在学中に普通高校でぼっちするくらいなら高専で良かったんじゃないかなって思いました。

■高専から大学編入したら大学卒ではなく大学院の修士課程はいくべき
これは在学中に知りました。大学3年次編入しても単位互換でバタバタして就活が十分にできないし、対して高専の就職先と変わらないとか?(給与、待遇は変わるでしょう。ここで言うのは会社だと思う)
さらに言えば大学生は1,2年の頃遊んだり、一般教養を身につけ、3,4年で専門分野研究とかを行います。遊び、一般教養を犠牲にしてきた高専生が大学3,4年をやっても高専の延長にしかならないと思われる。だけど人脈は広がるだろう。

つまり、高専から編入して大学卒で就職という道は限りなく少ない。

■専攻科について
個人的にはやめておけって思う。でも下記のように学士があって損ではない。
大学と高専の差はコミュニケーション能力と一般教養だとした場合(技術力は同等)、専攻科の2年間は大学卒が持っているコミュニケーション能力と一般教養は確実に身につかない。専攻科卒で就職先でどのような扱いを受けるかは情報がなさすぎて知らん。
ただでさえ人と関わる絶対数が少ないのに、変化のないところへいくのか。
専攻科からの院はありなのかもしれない。

■準学士 学士
就労ビザの関係上学士を取っておかないと海外で長期間仕事できない。詳しくは調べて

■給料や就職率
生涯年収は短大と高専がくくられていてわからない。とりあえず短大より多いと願いたいが、現状の確認方法は就活サイトの初任給だろう。同じだったり、短大はなかったりする。高専卒取らない会社や職種も多い(主に大企業)
ちなみに短大の就職率はよくないため、高校→短大を辿り就職できない可能性もある。
これは高校→大学も同じで就職できない可能性もある。高専は何かしら就職できる。
下手に大学院の博士課程とかいくと就職できなくなる→博士100人の村
そりゃ上がっていけば給料も上がるけど、就職できるかとか自分がついていけるかとかわからないし、自分の能力と相談といったところである。


個人的な結論は11ページの「高専は大卒並の技術は身につくが、一般教養とコミュニケーション力は身につきにくい」
これに尽きると思う。一般的に高専卒は大卒に劣るとされるのはそこの違いだと思う。
裏を返せば、そこをどうにかすれば大卒とも同等に戦える可能性がある。
特にすでに高専に入ってしまった人で、大卒が気になってしまう人は、一般教養とコミュニケーション力を意識的に付けていく必要がある。ここに関しては改めて書きたい(いつになるかわからんが)

12ページや最初に書いたとおり、自分で判断して下さい。悩んだ末の決断なら後悔はないはず。信じた道をまっすぐ進め。

それでは。
  1. 2015/09/09(水) 00:39:39|
  2. 分析とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャリア考えに行きました #高専キャリア

ジースタイラス×高専ベンチャーコラボ企画 「高専生のキャリアについて考える会」(仮)に参加しました。&発表してきました
関連のつぶやきはこちらにまとまっているようです

はじめに
いや、俺このイベントに掛ける意気込みは半端じゃなかった。真剣にキャリアを考えに行った。
例えるならば独身27歳女性が街コン行くみたいな(気を悪くした方すみません
卒業して定職につくと一層考えてしまう...

LT枠に関しては1週間前まで迷っていたけど、迷うくらいならいいかってことで発表者としても参加。
スライド公開するか迷ったけど、これなら大丈夫でしょう...(一部修正しました
発表に関して
社内SE始めました from Yuuta Moriyama

発表した理由としてはこの集まりならベンチャー系プログラマ多そうだし、社内SEの紹介も参考になるのでは?って思いと俺のキャリア考えたかった。俺のキャリア考えて!ってのもおかしいから問いかける感じにした。
キャリアへの問いかけは、ラーメン理論に集約していたけどハッシュ見た感じそんなに伝わってなかったかも(無念
弦本さんのとかが一番わかりやすく集約されてた。

発表準備に関しては平日ちょこちょこシナリオ作って土曜日でがーって感じ。伝えたい想いがあるなら時間をかけるに越したことはない。
発表、思ってたよりも短く終わってしまった。5分きっかりで練習してた。。毎度腕時計で計ろうって思いながら忘れる。
今回シンプルスライドではなく詰まってるやつ作ったらデザイン思い浮かばないからパロディ満載になった。何はともあれ作ったもの(アウトプット)はポートフォリオになる。mkの発表聞いてもうちょいブログも書いていこうかなと思った

発表を聞いて メモったこと箇条書きにガンガンと(順番になってる
・高専生に決まったキャリアはない
・ワクワクすること人のためになることを
・世の中に役立てること。感謝されること。それで対価としてお金がもらえる←夢をかなえるゾウにもあった
・高専内にいると視野が狭くなる(高専の授業があるからこそなので外に行くのも適度に
・自分がドヤ顔できないようなところに出る。ぼっちで。
・自分が持っていない技術を持っている人にはすごいって気持ちを持つ。コミュニケーションを取る。短期目標にする
・大会とかWebサービス作る以外にもある→言語のコミュニティに参加
・興味のある世界に飛び込んでみるしか無い。気付いたら実績ができる
・海外就職には学士が必要(就労ビザも
・夜間大学、働きながらは厳しい。事務コストもバカにならない。テスト前本気出すができない
・学歴取り直しは大変。でも刺激的。
・比較的優位論←要勉強
・プログラミングは高専4年からでも間に合う
・学生のうちにやること:興味のあることに首を突っ込む。仕事に挑戦する(バイト、技術を使うならなおよし)。自分の価値観を見つめる
・学生がやること:女の子を深追いしない。他人の指示に従い続けない。イベントに騙されない。自分の価値観をしっかりと持つ
・休学は選択肢のひとつ
・アウトプットは大切
・100カンファ期待 下の世代に文化伝えるの難しいが頑張って欲しい
・OBプロコンちょっと気になる

思ったこと
・自分のキャリアってアドバイス下さいってより、自分で見つけに行くもの
・ワクワクすること とかの下りとかは夢をかなえるゾウにもあったし再認識
・アウェーに飛び込むってのは昔意識してたけど最近忘れてた。これ自分で書いた高専内では視野が狭い

やること
・何をやりたいか考える、飛び込む なんとなく創作活動したいかなとは思う。(仕事とか以前にワクワクすること探し直す
・もう少し記事(アウトプット)を上げる(内容問わない

ずっと考えてること
■俺はものづくりをしたいのかしたくないのか問題
ものづくりの場作るーってギー千作ったけど、結局やらなかった。とか色々エピソードはあるけど、自分の中で常に引っかかってる。
企画運営のほうがワクワクしてる気がするし、発表するのも面白い。だけどギー千は運営としてはそんなにうまくなかったし~
コード書いてて(教えてもらってて)できないことができるようになっていき、自分で要件満たせた時の達成感はまぁ嬉しい。

おわりに
てか自分のブログみて高専決める人(mk氏とか?)がいるってのも恐怖よね。俺のブログのどこが参考になるんだよ
炎上ではないけど、はてブエントリ稼いだこともあったな。ネットは無限大の可能性を持つ
FC2使ってるのに引け目を感じる。今更移行も面倒だしだらだら書くよ。独自ドメインも飛んだし、鯖も動いてなし。


最後に情報科学若手の会に参加します。25kの出費は痛いが色んな人と交流する機会を持とうという取り組み。熱海付近の会場まではバイクで行く予定。東京発後ろの席空いてます。
自分の立ち位置を改めて理解したい。
てかもうちょい積極的にコミュニケーション取らなきゃ駄目だなー もう名刺とかばらまかなくてもいい気がするけどどーなのよ
あと高専祭の学校説明会でコース紹介(5分)を引き受けてしまった。

こんなとこで明日も仕事頑張りましょう。
  1. 2015/08/25(火) 00:06:57|
  2. 分析とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

みゅーみくす

Author:みゅーみくす
高専H26年度卒の社内SE まぁ色々

TwitterID:myu_mx
ホームページ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
サークル (3)
日記 (109)
PCとか (11)
写真 (4)
分析とか (24)

FC2カウンター

Twitter

 

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR